巨人が野球普及のためブラジルに派遣する指導者は誰?名前は?

jabit スポーツ

jabit

 

プロ野球の巨人軍ブラジルに指導者を派遣して、野球の普及活動を行なうそうです。

 

ブラジルでは、来年、リオデジャネイロオリンピックが開かれますね。

 

今回のブラジル派遣の背景や誰が派遣されるのか?が気になったので調べてみました。

Sponsored Link

 

派遣の背景

 

5年後の2020年には東京オリンピックの開催が待ち受けています。

 

9月28日には理事会が開かれ、追加種目としてIOCに提案する種目が決定します。

 

現在、

野球・ソフトボール

ボウリング

空手

ローラースポーツ

スポーツクライミング

スカッシュ

サーフィン

武術

 

の8種目が争っています。

 

今回のブラジル派遣は、5年後の東京オリンピックでの野球・ソフトボールの実施種目復帰に向けて布石と考えているようですね。

 

野球は、国際的な普及が課題とされているため、最後のひと押しをということなんでしょう。

 

どの団体も最後の追い込みに必死なようです。

 

 

個人的には綱引きでしたが、(笑)

 

いつの間にか落選してたんですね。

 

非常に残念です。

Sponsored Link

 

ブラジル派遣の内容は?

 

ブラジルへの派遣は、8月28日から31日までの4日間の日程で行われます。

 

首都のブラジリアやサンパウロなどで、現地の小学生から高校生までを対象にした野球教室を開き、技術指導するようです。

 

 

巨人の担当者は

 

「リオデジャネイロでオリンピックが

 

開かれるブラジルに注目が集まるなか、

 

本格的な野球教室を行うことで、

 

世界的な野球の普及につなげていきたい」

 

と話しています。

 

 

もう、なりふり構っていられない、ということでしょうか?

 

ただ、わずか4日間でどれだけのことができるかは、甚だ疑問ですね。

 

 

派遣されるのは誰?名前は?

 

NHKのニュースでは名前は触れられていません。

 

が、ヒントは書いてあります。

 

巨人でピッチャーとして

 

3年間プレーした経験を持つ

 

球団の野球アカデミーの講師

 

ということで、早速、ジャイアンツアカデミーのサイトをくまなく調べてみました。

 

アカデミーの講師で投手は6人しか居ません。

 

その中で巨人に在籍したことのない人を除くと残りは次の3人。

 

河本育之

 

平岡政樹

 

柴田章吾

 

あとは、巨人で3年間プレーした人を選べばいいだけ。

 

河本育之

2000年から2004年までの4年間在籍。

 

平岡政樹

2004年に7試合登板。

 

柴田章吾

1軍での登板機会なし。

 

ん???(汗)

 

 

ピッチャーとして3年間プレーした

 

というのは、1軍登板に限らないのかな???

 

であれば、

 

平岡政樹

2004年から2006年まで3年間在籍。

 

柴田章吾

2012年から2014年まで3年間在籍。

 

ただし、平岡政樹の場合、

 

2004年に右肩を痛め、リハビリでも回復せず、2005年に戦力外通告。

 

2006年は、育成選手契約も試合で投げられるまでは回復せず、再度戦力外通告。

 

リハビリ期間を考えると、とても3年間プレーしたとは言い難いです。

 

 

となると、1軍経験がないとはいえ、地味に2軍で3年間プレーした平岡政樹ではないでしょうかね。

 

一番年齢が若い彼に経験を積ませると結論付けます。

Sponsored Link