小学生アラカルト|子育ての悩みを解決!

Read Article

オコエ瑠偉(関東一高)の国籍と家族は?ドラフトでの評価は?

rui出典 sanspo.com

 

関東一高が見事ベスト8進出を決めました。

 

中でもオコエ瑠偉選手の甲子園で活躍は目を見張りますね。

 

プロ野球のスカウトも今秋のドラフト候補として注目しているようです。

 

オコエ瑠偉選手についてネットでの情報をまとめてみました。

Sponsored Link

 

国籍や家族構成は?

 

国籍は?

 

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つレッキとした日本人です!

 

最近スポーツ界でも驚異的な身体能力を持つハーフの活躍が目立っていますね。

 

例えば、女子バレーの宮部藍梨選手。

 

彼女の父親もナイジェリア人でしたね。

 

【関連記事】 → 宮部藍梨が女子バレー全日本デビュー!生い立ちは?妹は?プレー動画も

 

これからは、アフリカ人とのハーフがトレンドになるのでしょうか?

 

 

家族構成は?

 

父・母・妹の4人家族です。

 

父親

 

ナイジェリア人の父親ボニーさんは現在55歳で、建築関係のお仕事をしているそうです。

 

オコエ瑠偉選手の名前をつけたのは、ボニーさん

 

ボニーさんが、元サッカー日本代表のラモス瑠偉のファンだったため、サッカー選手になってほしいと瑠偉と名づけたそうです。

 

残念ながら、父親の思いとは違い、オコエ瑠偉選手は野球の道に進んでしました。

 

そのせいもあってか、ボニーさんが息子の公式試合の応援に行ったのは今年7月が初めてだったそうです。

 

もっと早く応援に行ってあげてもよかったっと思いますが、結構頑固なんですね。(笑)

 

その試合でオコエ瑠偉選手はホームランを打ったといいます。

 

息子の活躍ぶりを見て、お父さんは「感動した」ようです。

 

 

母親

 

日本人である母親の早苗さんは44歳。

 

千葉ロッテマリーンズの内竜也選手とは「はとこ」に当たるようです。

 

聞くところによると、内竜也選手がロッテへの入団が決まった際、当時6歳だったオコエ瑠偉選手もお祝いに駆けつけたとか。

 

内竜也選手からは「一緒にプロ野球でやろうな」と声を掛けられているそうですね。

 

 

 

妹のオコエ桃仁花(もにか)さんは、現在明星学園高校の2年生です。

 

w213-550x303出典 japanbasketball.jp

 

後列の左から3番目が桃仁花(もにか)さんです。

 

兄妹だけあって、やはりよく似ていますね。

 

明星学園高校バスケットボール部に所属しており、今夏のインターハイで4強入りしたそうです。

 

また、バスケの「女子U‐16日本代表候補」でもあるそうですよ。

 

2人とも将来有望なスポーツ選手だとは、全くもってすごい兄妹ですね。

Sponsored Link

 

本人のプロフィール

 

本名 オコエ瑠偉(おこえ るい)
生年月日 1997年7月21日
出身地 東京都東村山市
身長 183cm
体重 88kg
愛称 チーター
中学 東村山六中
高校 関東第一高等学校
ポジション 外野手(センター)
投打 右投げ右打ち
50m走 5秒96
遠投 120m

 

小1から東村山ドリームで野球を始め(当時のポジションはキャッチャー)、6年生の時には巨人のジュニアチーム入り。

 

中学では野球部に入らずに、東村山シニアでプレー。

 

 

オコエ瑠偉選手の何がスゴイかというとやはり走力。

 

甲子園でも韋駄天ぶりを発揮していますが、50mを5秒96で走ります!

 

ところで、50mの世界記録って知っていますか?

 

男子はカナダのドノバン・ベイリーの5秒56

 

女子はロシアのイリーナ・プリワロワの5秒96

 

ちなみに日本記録は

 

男子が朝原宣治さんの5秒75

 

女子が小西恵美子さんの6秒47

 

つまり、野球でなくても、陸上で世界を狙えたかもしれないってこと。(汗)

 

 

ちなみに、オコエ瑠偉選手の二塁到達は7.53秒、三塁到達は10.88秒。

 

このタイムは日本のプロ球界を代表するスピードスターである西武・金子侑、日本ハム・西川らの二塁到達7.86秒、および西武・秋山の11.03秒、中日・大島の11.11秒の三塁到達をすでに上回っています。

 

 

プロ野球のスカウトが放っておかない訳ですね。

 

 

ドラフトでの評価は?

 

もともと走攻守の3拍子の揃った選手として評価は高かったです。

 

今大会での活躍で更に評価を確実に上げていますね。

 

外野手では大学生も含めてNo.1との評価も。

 

間違いなく1位で消える

 

を断言しているスカウトもいるようですね。

 

やはり、一塁強襲の二塁打センター前二塁打はプロの目から見ても常識外だったみたいです。(笑)

 

 

秋のドラフトが今から楽しみです!

 

一体どの球団が指名するんでしょうかね。

Sponsored Link

Return Top