小学生アラカルト|子育ての悩みを解決!

Read Article

錦織圭全米オープン初戦敗退!なぜ負けた?敗因と修正点は?

nishikori出典 headlines.yahoo.co.jp

 

なんと錦織圭選手が全米オープンの初戦で姿を消してしまいました。

 

第4セットのタイブレークで一度はマッチポイントを握りながらの逆転負け

 

今後に不安を感じさせる敗退でした。

 

錦織圭選手はなぜ負けたのか?敗因と今後の修正点について考えてみました。

Sponsored Link

 

なぜ負けた?

 

試合前は錦織圭選手の調子が良さげな報道がされていましたよね。

(今までで一番調子が良いって言ってたような・・・。)

 

第4シードを勝ち取り、準決勝まではトップ3とは戦わずにすむ有利な組み合わせ。

 

今年こそは、錦織圭選手が去年の準優勝の借りを返してくれるかと期待していました。

 

マスコミもそういう風潮のように感じました。

 

得てして、楽勝ムードが漂っている時にあっさりと負けちゃうんですよね。

 

錦織圭選手自身にも心の緩みがあったのではないでしょうか?

 

あるいは、周りからのプレッシャーに負けたのかもしれませんね。

 

 

いやぁ、しかし初戦敗退というのは、本当に残念ですね。

 

錦織圭選手の世界ランキングも全米後は6~7位ぐらいまで落ちてしまいますかね。

 

しかし、初戦敗退で番狂わせと言われるのも、錦織圭選手がすごい位置まで来たということですよね。

Sponsored Link

 

敗因は?

 

錦織圭選手の今日の試合の敗因を探ってみたいと思います。

 

最大の敗因は、第4セットを落としてしまったことに尽きますね。

 

タイブレークでマッチポイントまでいきながら取れなかったのは痛かった。

 

ファイナルセットでは、錦織圭選手はもう足が動けてなかったし、心も折れちゃったように感じました。

 

完全の相手のぺール選手がノってしまってどうにもならなかったですね。

 

大事なポイントでイージーなミスをしてしまうと取り返しがつかないです。

 

 

また、ペール選手のファーストサーブも良かったですね。

 

エースを何本取られたんでしょうか?

 追記:21本のサービスエースと64本のウイナー

 

錦織圭選手はリズムが全くつかめてなかったし、ブレイクできる気配も感じなかったです。

 

長身のビックサーバーにはいつも苦戦する印象があります。

 

 

セカンドサーブが完璧に狙われていたのも波に乗れなかった原因でしょうか?

 

すべてにおいて相手のペースでした

 

勝ったペール選手を褒めるべきでしょうね。

 

 

自分のペースに持ち込めない試合で勝ち切れない。

 

この辺がジョコビッチフェデラーとの差なんでしょうね。

 

この差を埋めない限り、世界ランキング1位というのはあり得ない!

 

 

修正点は?

 

おそらく多くの方が感じているようにメンタル面の強化が最重要課題

 

松岡修造氏のいう「心の体力」鍛える必要があります。

 

サービスエースを連発されても気持ちを顔に出さない。

調子に乗れない時、ダメな時でも下を向かない。

ラケット交換の回数を減らしてみる。

もう少し淡々とプレー続ける。

多少のことではへこたれない鈍感力を身につける。

 

で、スロースターターも克服できればOK!

 

 

婚約を解消したのは勝手ですが、遊びはほどほどに

 

慢心からか、ちょっとスクープされ過ぎですよね。

 

錦織圭選手の場合、早く結婚した方が上手くいくのでは。

 

テニスだけではなく、私生活もマイケルチャンコーチに指導してもらわないとダメかも。(笑)

 

【関連記事】 → 錦織圭が英語の教科書に登場!子供の頃のお宝映像も!年収は?結婚は?

Sponsored Link

Return Top