小学生アラカルト|子育ての悩みを解決!

Read Article

司法試験考査委員の明治大学法科大学院教授の名前は?学歴や経歴は?

maidai

 

司法試験考査委員というものがどんなものか気になったので、ネットで調べてみました。

 

Sponsored Link

 

司法試験考査委員とは?

 

司法試験委員会の下に置かれ、問題作成、採点等を行う者のことを司法試験考査委員等(司法試験考査委員、司法試験予備試験考査委員)というそうです。

 

司法試験の運営に重要な役割を果たすことになる訳ですね。

 

当然、試験問題を教え子に漏らしたり、採点で便宜を図ったりすることは委員としての責務に反します。

 

そこで、司法試験考査委員は、司法試験委員会の推薦に基づき、当該試験を行うについて必要な学識経験を有する者のうちから、法務大臣が試験ごとに任命(司法試験法第15条第2項)されるのです。

 

ちなみに、平成27年司法試験考査委員及び司法試験予備試験考査委員推薦候補者名簿は以下のリンクを参照下さい。

http://www.moj.go.jp/content/001128360.pdf

 

平成27年司法試験及び司法試験予備試験考査委員を併任する者(91名)

平成27年司法試験考査委員(40名)

平成27年司法試験予備試験考査委員(24名)

 

から構成されるようです。

 

一番最初に明治大学大学院法務研究科教授の名前が出てきますね。

 

気になったので、明治大学大学院法務研究科教授についてさらに調べてみました。

Sponsored Link

 

明治大学法科大学院の教授の名前は?

 

青柳幸一憲法)明治大学大学院法務研究科教授

野川忍(労働法)明治大学大学院法務研究科教授

加藤友康(一般教養科目)明治大学大学院文学研究科特任教授

 

明治大学法科大学院からは、素晴らしいことに3名の方が選出されていますね。

 

青柳幸一教授は、1948年生まれで、66歳か67歳

野川忍教授は、1954年4月24日生まれの61歳

加藤友康教授は、1948年生まれで、66歳か67歳

 

皆さん、60代の方ばかりです。

 

やはり、この辺の年齢になるとある程度研究も認められて、司法試験考査委員などのような重責も担うようになるんでしょうね。

 

 

学歴や経歴は?

 

最初に出てきた憲法を専門にされている青柳幸一教授の学歴や経歴について調べてみました。

 

学歴

 

1968/04~1972/03 獨協大学法学部

1972/04~1974/03 慶應義塾大学法学研究科

1974/04~1977/03 慶應義塾大学法学研究科

 

 

経歴

 

横浜国立大学大学院国際経済法学研究科教授、

 

筑波大学法科大学院教授等を経て、

 

2011年4月から明治大学法科大学院教授。

 

新司法試験考査委員。

 

人権の基礎理論(個人の尊厳など)、マイノリティの人権、人権の司法的保障を中心に研究している。

 

2000/06~2002/05 横浜市個人情報保護審議会委員

2001/04~2009/03 横須賀市人権関係調査研究専門委員

2002/04~2005/10 司法試験(旧司法試験)(憲法)考査委員

2007/04~2008/03 横須賀市人権懇話会座長

2007/04~2009/03 大学基準協会法科大学院認証評価委員会委員

 

やはり、人権問題を中心に長く研究をしていると、人にも優しくなるのでしょうかね。

 

 

著書・論文

 

ベーシックラーニング@ロースクール憲法 2009年版 (共著) 2009/06

安全・安心な社会の実現に向けて(共著) 2010/04

ベーシックラーニング@ロースクール憲法 2010年版 (共著) 2010/06

新版 現代法学入門[第5版](共著) 2010/10

ベーシックラーニング@ロースクール憲法 2010年版 (共著) 2011/06

 

共著が多いのが気になりますが、2009年から2011年の2年間で5冊も本を書いています。

 

とても研究熱心な教授なんでしょうね。

Sponsored Link

Return Top