小学生アラカルト|子育ての悩みを解決!

Read Article

アヤパン高島彩の壮絶な流産の原因と妊活での長女出産について

高島彩さんが話題のドラマ「下町ロケット」でジャーナリスト咲間倫子役で出演することが決まりました。

 

なんと、本格的に演技を行うのは「初」めて、連続ドラマは「初」出演、TBSへの出演も「初」と、初物尽くしだそうです。

 

下町ロケット後編 ガウディ計画」の重要な役どころだけに注目ですね。

 

実は高島彩さんは過去に流産を経験しています。

 

今回その悲しい経験を乗り越えての出演になります。

 

流産の原因や妊活による長女出産についてまとめてみました。

Sponsored Link

 

流産の原因は?

 

最初の妊娠が判明したのは結婚から半年後のこと。

 

妊娠4ヶ月目に入り、妊娠を世間に公表しようとしていた矢先、

 

検診でお腹の中の赤ちゃんが生存していないことを知らされたようです。

 

診断の結果は子宮内胎児死亡で、その原因は染色体の異常によるものでした。

 

妊娠初期に流産した受精卵を調べると、その大部分に染色体異常があります。

染色体異常をもって生まれてくる赤ちゃんは全体の0.6%と言われています。

 

この時期、高島彩さんは今まで生きてきて、こんなに泣いたことはないくらい泣き続けていたそうです。

Sponsored Link

 

妊活による長女出産

 

高島彩さんは、半年間子宮を休めた後は、仕事をセーブしつつ基礎体温のグラフをつけたり、下半身を温めることを心がけたりと、本格的に「妊活」に取り組んだそうです。

 

その甲斐あって、2013年の10月2日には第1子を妊娠を公式サイトで発表しています。

 

私事ではありますが、この度、子供を授かりました。

現在妊娠6ヶ月に入ったところです。

今は、お腹の子供が安心して生まれてこられるように

その日に向けて心身ともに整え、穏やかに過ごしております。

 

しかし、発表2日後に、「全前置胎盤」(胎盤が子宮口を塞いでいる状態)が分かります。

 

「切迫流産」の危機もあったそうですが、無事、2014年2月17日に第一子である女の子が誕生しました。

 

悲しくつらい思いを乗り越えた後に生まれた子供だけに喜びも大きかったと思います。

 

ちなみに、夫であるゆずの北川悠仁さんは相当のイクメンらしいですよ。

 

父親が娘に対しときめくのは、どこも同じなんですね。(笑)

 

なお、下町ロケットの今回のキャスティングに関しては、かなり否定的な意見が多いようです。

 

その否定的な意見を覆すだけの演技を見せて欲しいですね。

Sponsored Link

Return Top