小学生アラカルト|子育ての悩みを解決!

Read Article

宮部藍梨が女子バレー全日本デビュー!生い立ちは?妹は?プレー動画も

miyabeairi出典 jva.or.jp

 

全日本女子チーム「火の鳥NIPPON」にわずか16歳で衝撃的デビューを果たしたのが、金蘭会高校2年生の宮部藍梨選手です。

Sponsored Link

 

「FIVBワールドグランプリ2015」の対イタリア戦の舞台で、1セットビハインドの第2セットから出場。

 

終盤は現エースの木村沙織に代わってトスが集まることも・・・。

 

チームで2番目に多い18得点を奪って存在感を示しました。

 

日本、イタリアの両監督も宮部選手のプレイを絶賛!

 

試合には負けてしまいましたが、良い経験になったのではないでしょうか♪

 

 

笑顔もいいし、これからの成長がとても楽しみな選手が現れましたね。

 

そこで、まだあまり知られていない彼女の生い立ち、プロフィール、妹、プレー動画などについて調べてみました。

 

 

宮部選手の生い立ち、プロフィールは?

 

プロフィール

名前:宮部 藍梨(みやべ あいり)

生年月日:1998年7月29日

出身地:兵庫県尼崎市

所属:金蘭会高等学校2年

身長:182cm(指高240cm)

体重:63kg

 

 

生い立ちは?

 

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフです。

 

ハーフだけど関西育ちの彼女は、当然のことながら、流暢な関西弁を話します。(笑)

 


(宮部藍梨選手インタビュー動画:1分30秒)

 

アフリカ出身のお父さんの血を受け継いで、パワーとバネが他の日本選手と遺伝子レベルで違うのが画面からでも分かりますよね。

 

 【関連記事】 → 同じくナイジェリア人の父を持つドラフト有力候補のオコエ瑠偉選手についての記事はこちら

 【関連記事】 → サニブラウン・ハキームの国籍は?生い立ちや家族は?彼女は?

 

金楽寺小3年生の時からバレーボールを始め、大阪の私立金蘭会中学校に進学。

 

中学ではバレー部のキャプテンを務めました。

 

中学時代からその実力はすでに注目されていました。

 

中学3年生の時に、2013年末の「第27回全国都道府県対抗 中学バレーボール大会」で初優勝に貢献。

 

最も将来有望な選手に与えられるJOC・JVAカップを受賞しています。

 

 

2014年、金蘭会高等学校へ進学、日本協会の集中強化対象「Team CORE」(男子10人・女子8人)に選出。

 

2020年東京五輪で最も活躍が期待される選手の一人です。

Sponsored Link

 

金蘭会高校での様子は?

 

高校のチームメートの評判は

 

おもしろいですね。一番チームにとって明るい存在」

 

とても明るくて勉強もキチンとできて、自分のことは自分でこなす選手」

 

と上々のようで、持ち前の明るい性格でチームのムードメーカーになっているようです。

 


Volleyball Channel 2014/4/19 投稿者 dm_525a76b4a29c4

(上の動画の15分43秒くらいから彼女が登場します!)

 

また、彼女の所属する金蘭会高等学校は昨年度女子高校バレーの「高校総体(インターハイ)」「国体」「春高バレー」で3冠を成し遂げました。

 

 

スパイク最高到達点3メートル9というのは、現エースの木村沙織(28=東レ)の3メートル4をわずかながら上回っています。

 

この高い打点からの強烈なスパイクが宮部選手の持ち味です。

 

後衛からもバックアタックを打ちまくる超攻撃型なプレースタイルみたいですね。

(女子の中で3メートルを超えられるのは中々いないそうですよ。)

miyabeairi02出典:headlines.yahoo.co.jp

 

高校生にしてこの高さ、まだまだ成長期の宮部選手、どこまで伸びるのでしょうね。

 

圧倒的な身体能力を持ち、木村沙織選手を超える逸材とまで言われています。

 

高校生ではとても太刀打ちできないのかもしれませんね。

 

 

果たして今年も3冠を達成するのでしょうか?こちらも注目です!

 

ちなみに、2015年4月、高校生でただ一人全日本メンバーに選出され、ワールドグランプリの登録メンバーに選出されています。

 

 

妹もバレー選手?

 

実は、宮部選手には、3歳年下の妹さんがいます。

 

名前は愛芽世さんで、身長は170cmのようです。

(まだまだこれから伸びる可能性はありますが・・・。)

 

 

現在、金蘭会中学校2年生で、お姉さんと同じくバレー部に所属しています。

 

下の写真を見ると、さすが姉妹だけあってそっくりですね。

miyabesister

出典 livedoor.jp

 

2人とも努力を怠らず、順調に実力をつけていけば、2020年の東京五輪に姉妹で出場して、大活躍というシナリオもあるかもしれませんよ。

 

妹の愛芽世さんからも目が離せませんね。

 

 

宮部選手のプレー動画

 

春高バレー決勝 女子3冠達成時:2分7秒

Sponsored Link

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Return Top